イオンフィナンシャルサービス

ディスクロージャーポリシー

基本方針

イオンフィナンシャルサービス株式会社(以下当社)は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様が、当社へのご理解を深めていただけるよう、当社に関する重要な会社情報の開示を適時・適切に実施してまいります。

情報開示の基準

当社は、金融商品関連法令および上場金融商品取引所の規則に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報につきましては、全ての投資家の皆様が平等に入手できるよう配慮してまいります。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しており、原則としてTDnetにて公開した情報に関しましては、当社ウェブサイト上にも速やかに掲載することとしております。また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合にも、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう配慮しております。

IR自粛期間

当社は、各決算日から決算発表日までを「IR自粛期間」と定めて、IR活動を自粛しておりますので、当該期間中は、決算内容に関してコメントすることや、投資家の皆様からのご質問にお答えすることを控えさせていただきます。但し「IR自粛期間」中に、将来の見通しが大きく乖離する可能性があると判断した場合には、適宜修正・変更を含めた情報開示を行うこととしております。

関連情報

ページの先頭へ戻る