イオンフィナンシャルサービス

東北復興支援の取り組み

2021年2月13日に、福島県沖で発生した地震で被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

震災発生から10年。
当社はイオングループの一員として、長期に渡る震災の復興を支援するため、労使一体で発足した「イオン 心をつなぐプロジェクト」に参加し、被災地の復興に向け、植樹活動、ボランティアの派遣、グループ各社の支援活動などさまざまな取り組みを行っています。

イオン心をつなぐプロジェクト

活動の記録 

当社グループの取り組み

綿花収穫ボランティアの実施ならびに寄付金の贈呈

当社グループは2017年度より、特定非営利活動法人ザ・ピープルのご協力のもと、福島県いわき市で綿花栽培の収穫ボランティアを実施しています。過去3回の開催では、グループ各社の従業員とその家族が参加しました。このプロジェクトは、東日本大震災後、津波により稲作が困難になった農地で、塩害に強い綿を栽培し製品化することで、福島県の農業の再生と地域の雇用を生み出すことを目的としています。2018年に特定非営利活動法人ザ・ピープルへ寄付金100万円を贈呈しました。

綿花収穫ボランティア活動の様子
綿花収穫ボランティア活動の様子
綿花収穫ボランティア活動に参加した従業員およびご家族
綿花収穫ボランティア活動に参加した従業員およびご家族

「宮城県七ヶ浜ボランティア」の実施ならびに寄付金の贈呈

「イオン 心をつなぐプロジェクト」の一環として、イオンクレジットサービス(株)は2013年より継続して「宮城県七ヶ浜ボランティア」活動を実施しています。被災された農地復興のため、毎年、同社従業員とその家族がボランティア活動に参加し、農作業を行っています。2019年には、交流先の一般社団法人七ヶ浜町復興研究会なならぼへ寄付金100万円を贈呈しました。

七ヶ浜復興支援研究会での農作業
七ヶ浜復興支援研究会での農作業
一般社団法人「七ヶ浜復興研究会 なならぼ」へ寄付金100万円を贈呈(2019年)
一般社団法人「七ヶ浜復興研究会 なならぼ」へ寄付金100万円を贈呈(2019年)

イオン銀行ATMを活用した募金受付

イオン銀行ATMには、画面上の「メニュー」に「募金・その他」の項目を設定し、振込先等を入力することなく、簡単に募金にご協力いただける機能を搭載しています。お客さまからお預かりした「東日本大震災復興支援」募金は、「特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム」を通じて、被災された地域の自治体等、被災された皆さまに寄贈し、お役立ていただいています。

イオン銀行ATM画面 イオン銀行ATM画面

2011年5月9日~2020年9月30日 
贈呈金額計:21,876,372円

「サンタが100人やってきた!」プロジェクト

「サンタが100人やってきた!」プロジェクトは2011年よりNPO 法人遠野まごころネットのご協力のもと、東日本大震災で被災した子どもたちにプレゼントと笑顔を届ける活動です。2019年には、釡石市と大槌町の公園など4カ所で400人分の菓子袋を配布するとともに、NPO 法人遠野まごころネットへ寄付金30万円を贈呈しました。

子どもたちに菓子袋を配布
子どもたちに菓子袋を配布
NPO 法人遠野まごころネットへ寄付金30万円を贈呈(2019年)
NPO 法人遠野まごころネットへ寄付金30万円を贈呈(2019年)
イオンタウン釡石での出発式でサンタ大集合
イオンタウン釡石での出発式でサンタ大集合
ページの先頭へ戻る