イオンフィナンシャルサービス

環境保全活動

当社グループは、金融事業を通じてお客さまの善意を環境保全活動に役立てています。社内の日常業務においても、環境に配慮した事務用品の購入や、省資源・省エネルギーの推進、事業所周辺のボランティア清掃の実施など、環境保全への取り組みを継続しています。

事業活動における取り組み

1.Web明細(環境宣言)

「Web明細(環境宣言)」は、利用明細書をこれまでの印刷物に代わりWebで閲覧することで紙の消費やCO2の排出を抑え、環境保全につながるサービスです。封筒1通につき500g ※のCO2が削減でき、2018年度は二酸化炭素の排出量を年間で約2万トン削減しました。

※環境省「エコ・アクション・ポイントの二酸化炭素削減効果の算出手法例」をもとに算出
Web明細(環境宣言)について詳しくはこちらをご覧ください。

2.クレジットカード

発行カードはPET-G素材を使用しています。PET-Gは塩素を含まない素材で、燃やしても塩素系ガス(ダイオキシン)が発生せず、完全燃焼させることにより水と二酸化炭素に分解されます。

 
 

3.磁気ストライプの復元

イオンカードの磁気不良を、イオン銀行ATMにて復元するサービスを開始しました。お客さまの利便性を向上させるとともにカード再発行にかかる環境負荷を低減しています。

4.ペーパーレスの推進

クレジットカード等の入会手続きにおいて、これまで使用していた紙に替わりタブレット端末を全国の店舗で使用しています。また、店頭でのポスターや看板の使用をデジタルサイネージ(電子看板)にすることで、廃棄物の削減・省資源化に取り組んでいます。

5.グリーン購入の徹底

国内では、事務用品を「グリーン購入法」に基づいた環境に配慮したものとするよう推進しています。

寄付・募金活動

1.環境貢献型カードの発行

環境貢献型クレジットカードとしてコスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」を発行しています。お客さまからの寄付金を提携先へ寄付し、提携先を通して環境保全・社会貢献活動をサポートしています。
コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」はコスモ石油エコカード基金を通じ、環境保全や環境教育に役立てられています。コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」のお申込はこちらをご覧ください。

 

2.ときめきポイントによる寄付

クレジットカードのご利用によって貯まる「ときめきポイント」を、お客さまのご意思で、公益社団法人 国土緑化推進機構に寄付いただいています。この寄付金は緑の募金として植林・植樹整備に役立てられます。今後もカードを通じたお客さまの善意をお届けしていきます。(他にも社会貢献団体として社会福祉法人 日本点字図書館も寄付先として選択可能です。)

 

地域での取り組み

1.清掃活動

毎月11日を、社会貢献活動を行う「イオン・デー」と定めて、従業員による事業所周辺の清掃活動を行っています。この「イオン・デー」の清掃活動は、イオングループ全体で取り組んでいます。
マレーシアでは、イオンクレジットサービス(マレーシア)の従業員がジョホール州のタンジュンバラウビーチで海岸清掃を行いました。

 
マレーシアの海岸清掃

2.植樹活動

1991年から、新しいイオンの店舗がオープンする際にお客さまとともに店舗の敷地内に植樹する「イオンふるさとの森づくり」や、国が自治体と協力して自然災害などで荒廃した森を再生することを目的としたイオン環境財団が行う国内外の植樹活動に、積極的に参加しています。

国内の取り組みでは、2018年6月に「相馬市松川浦植樹」(福島県)、2018年10月に「亘理町植樹」「みやぎ海岸林再生 みんなの森林づくり植樹」(宮城県)に従業員が積極的に参加しました。

海外では、2018年9月に実施の「インドネシア ジャカルタ植樹」に、当社取締役を団長として取引先の皆さまとともに参加いたしました。
また、タイでは、チュラロンコーン大学とナーン県の森林保護団体(The Rak Paa Nan Group)と共同でナーン県で植樹を実施し、イオンタナシンサップ等のタイの従業員が参加しました。


みやぎ海岸林再生 みんなの森林づくり植樹

インドネシア ジャカルタ植樹
ページの先頭へ戻る