イオンフィナンシャルサービス

業績説明

株価情報

経営成績に関する分析

2022年2月期 第1四半期連結業績の状況

当第1四半期連結累計期間における連結業績は、引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、迅速なデジタル化対応により、お客さまとの非対面による営業活動や、審査・回収の強化を図り、増収増益となりました。

連結営業収益は、ショッピング収益がコロナ禍以前の水準に回復したほか、2020年3月31日に子会社化したイオン・アリアンツ生命保険株式会社の損益計算書を前年度第2四半期連結累計期間より取り込んだ影響もあり、1,222億5百万円(前年同期比11.1%増)となりました。連結営業利益は、前年度から、継続して審査の精緻化や債権回収体制の構築により貸倒関連費用が大幅に改善し、207億10百万円(前年同期は営業損失8億63百万円)、連結経常利益は、216億3百万円(前年同期は経常損失7億22百万円)となりました。これらの結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は、116億67百万円(前年同期は親会社株主に帰属する純損失10億80百万円)と大きく改善しました。

当第1四半期連結累計期間における経営成績は次の通りです。

単位:百万円


前第1四半期 当第1四半期 増減額 増減率
営業収益 109,959 122,205 12,246 11.1%
営業利益または損失( △863 20,710 21,574
親会社株主に帰属する
四半期純利益または損失(△)

△1,080 11,667 12,747



当第1四半期連結累計期間におけるセグメント業績は次の通りです。

単位:百万円

営業収益 営業利益または損失(△)
前第1四半期 当第1四半期  増減率 前第1四半期  当第1四半期 増減率
国内  リテール 44,356  58,286 31.4% 130  4,134
 ソリューション 46,700  43,648 △6.5%  5,386  4,639 △13.9%
国際  中華圏 4,302  3,755 △12.7% 1,218  1,619 32.9%
 メコン圏 19,196  18,198 △5.2%  △4,142  4,830
 マレー圏 11,789  13,265 12.5%
△3,681  5,507
126,345  137,153 8.6%  △1,088  20,731
調整額 △16,386  △14,948 224  △20
連結 109,959  122,205 11.1%  △863  20,710

2021年7月

関連情報

ページの先頭へ戻る